部活動の顧問は拒否するべし!

2015年より,部活動の顧問を拒否しました。 この経験が,部活動指導の負担に苦しんでいる先生方のお役に立てることができればと思い,記事を書いています。 ともに部活動指導の負担から解放され,充実した人生を送りましょう。

更新情報

曖昧でグレーな部活動の位置づけ。ネット上では,部活動が職務か否か,さまざまな憶測がなされています。結論から言います。①勤務時間内なら部活動は職務です。②勤務時間外なら部活動は職務ではありません。法的根拠から説明していきましょう。そのためには,簡単に『法令

27年度に部活動の顧問を拒否する予定の先生方が11名にまでふえました。先日,その中の1人の,HN『普通の教員』先生が,部活動の顧問を拒否しようと行動を起こされました。公務分掌希望調査に『部活動顧問を希望しない』と明記したところ,校長室に呼ばれたようです。校長

平成27年度に,部活動の顧問を拒否する予定の先生方のリストです。『私も来年度は部活動の顧問を拒否する予定だ!』という先生は,ぜひtwitterやコメント欄にてお知らせ下さい。(削除希望の方もお知らせ下さい。)随時加筆していきます。(敬称略)■顧問拒否予定者数…11

今回は趣旨を変えて,保護者向けの部活動のQ&Aを書きます。部活動に関して,世間の人々が誤解しているQ&Aをピックアップしています。また,保護者の方は,部活動に関する最低限度ことを知っていないと,思わぬ発言で恥をかいてしまうかもしれません。『過度な要求をする保

教員向けに,部活動に関する簡単なQ&Aをまとめておきます。部活動から解放されるために,少しでもお役に立てればと思います。Q:公立学校の教諭です。部活動の顧問を拒否することはできるの?A:部活動の顧問を拒否できるかどうかは,校長のスタンスによります。しかし,顧

あけましておめでとうございます。来年度は,部活動の顧問を拒否しようとされている先生方は,そろそろアクションを起こしていく時期になってきていると考えています。①来年度も,同じ学校に勤められる先生方のアクションこの時期になると,保護者や生徒から,このようなこ

↑このページのトップヘ